代表挨拶

≪食を通じて世の中を明るくし、100年先まで繁栄し続ける企業≫

代表降田富男この事を目指して我が社は平成9年に創業しました。今年は節目の創業20周年になります。
たかが20年と思われるかもしれませんが、「環境の変化が厳しい飲食業の世界で、よくここまで頑張ってきたなぁ。」という思いが、私の実感です。もちろん社員はじめ、スタッフ全員の協力があったからこそですが。

企業が長期に渡り存続していくには、私は2つの事をいつも考えていかなければならないと思います。

一つ目は変化に対応すること。
 外部環境=世の中のトレンド、市場環境などの外部要因
 内部環境=自社の財務、人的な問題など
両方の環境の変化をしっかりと把握し、素早く対応することが何よりも、まず大事な事だと思います。

二つ目は自分達を取り巻くお客様、従業員、お取引先様などのステークホルダーとの信頼関係
 お客様には、「また食べに行きたいな。」と思われる料理のクオリティー、接客、店の雰囲気。
 従業員には、「この会社で働けて自分も成長できて本当に良かった。これからもずっとこの会社で働いていきたい。」と思われるような社内環境作り。
 お取引先様には、今後も共に長いお付き合いが出来る信頼関係。

この様に我が社に係る全ての人達との良好な信頼関係を構築する事も非常に大事な事です。

今後ますます厳しくなっていくと思われる飲食業界。でも、こんな時代だからこそ、㈱マックス・コーポレーションは、全スタッフ一丸となって、価値観を共有し、ベクトルを合わせて前に進み、色んな事に挑戦し続けていきたいと思います。

代表取締役 降田 富男

 

マックス・コーポレーションの理念

一、何事に於いても原理・原則に則り真摯に行動する。

一、企業の目的は永遠に存続、繁栄し続けること。
即ち如何なる時代環境の変化にも対応し、利益を出し続ける仕組みを確立する。

一、従業員の物・心両面に於ける幸福を追求する。

一、常に高い志を持ち、共に目標に向かって邁進する。